学校評価結果

平成29年1月13日  
 
 保護者 様
 
和気町立和気中学校  
校長  森定 宏之 
 
 
平成28年度 学校評価結果について(お知らせ)
 
 
 保護者の皆様には,平素より本校教育に格別のご支援をいただき厚くお礼申し上げます。
 さて,先日お願いしました「保護者による学校評価」の結果のとりまとめができましたので,生徒の結果と合わせてご報告します。アンケート回収につきましてはご多用の中,ご協力をいただきまして誠にありがとうございました。
                        ■ アンケートと集計結果はこちらからご覧になれます。■
 
1 結果報告
 (1) 回答数     282名 (回収率 93.37%)
 (2) 回答の方式 
     A「あてはまる」B「ややあてはまる」C「あまりあてはまらない」D「あてはまらない」E「わからない」の5つの選択肢を設定しました。AまたはBを選択された場合に,肯定的評価とさせていただきました。
 (3) 全体集計結果は,7・8ページのグラフをご覧ください。
 (4) 本年度より評価項目内容の大幅見直しと評価者を本校全保護者(従来はPTA役員のみ)を対象に実施したため,過去2年間の経年変化の数値を表示していませんことをご了承ください。
 
2 結果
 (1) 全体の評価から
     全項目の肯定的評価の平均は次のとおりでした。
      保護者:79.1%( ー %【H27】, ー %【H26】)
      生 徒:83。8%( ー %【H27】, ー %【H26】) 
 (2) 肯定的評価の上位,下位の項目から
 
【保護者の結果】

① 保護者  肯定的な評価が多い項目(肯定率:85%以上)
 No.34 施設の整備や植物の世話など環境整備に努めている。
 No.31 保護者や地域ボランティアの方が学校を支援してくださることは
     いいことである。
 No.13 学級活動,生徒会活動や学校行事を大切にし,創意工夫を凝らし
     て熱心に取り組んでいる。
 No.33 環境整備や学習支援などの学校支援活動がさらに充実することを
     望む。
 No.28 子どもには,携帯やスマホなどを学校に持ち込ませていない。
 No.35 教職員は,電話の対応,接客マナー,言葉遣い,身だしなみが良
     好である。
 No.30 学校は,保護者や地域の方が生徒の活動を参観する機会を設ける      ことに積極的である。
 No.29 各種だよりやホームページで,生徒の様子をしっかり紹介している。
 No.11 決められた服装等,学校の規則を守らせる指導をしている。
 No. 9 不審者対策に十分努めている。
 No.10
 危機管理意識を十分もって業務を行っている。
 No. 8 生徒は,充実した学校生活を送っている。
 No.23 早寝・早起き・朝ごはんといった子どもの正しい生活習慣につい      ては,家庭で気をつけて いる。
 No.25 学校は,生徒の健康安全面に気を配り,事故対応を適切に行って
     いる。
 No.24 学校は,部活動を熱心に指導してくれる。
 No.22 学校は,交通安全についてしっかり指導している。
 No.17 生徒の良いところを認めて指導にあたってくれている。


 
② 保護者  肯定的な評価が少ない項目(肯定率:75%未満)
 No. 6 子どもは,家庭学習を2時間以上行っている。
 No. 7 子どもは,家庭で学校の授業の予習や復習をしている。
 No.16 学校は,特別支援教育に対して熱心に取り組んでいる。
 No. 5 学校から与えられる課題等は,適切な量や内容である。
 No.27 家庭で,携帯やスマホの使用について「家庭のルール」を決めて      いる。
 No.12 生徒の問題行動(規則違反)に対して毅然とした態度で(厳しく)
 
    指導している。                                

H28 H27 H26
























 
97%
96%

95%

95%

94%
93%

93%

92%
92%
91%
91%
91%
88%
ー %
ー %

ー %

ー %

ー %
ー %

ー %

ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %

ー %

ー %

ー %
ー %

ー %

ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %

88%

86%
86%
86%
 

ー %

ー %
ー %
ー %

 

ー %

ー %
ー %
ー %
 

          
H28 H27 H26








 
22%
29%
66%
71%
71%

73%

 
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %

ー %

 
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %

ー %

 
                

【生徒の結果】
③ 生 徒  肯定的な評価が多い項目(肯定率:85%以上)
 No.26 ヘルメットをきちんと着用し,「交通ルール」を守って,安全に心
     がけて登下校している。
 No. 2 先生方は,「めあて」をきちんと示して授業をしてくれる。
 No.15 学級活動,生徒会活動や学校行事を大切にし,創意工夫を凝らし
     て熱心に取り組んでいる。
 No. 4 授業の中で,生徒が発表する機会を多くもってくれる。
 No. 1 「授業の流れ」を明示し,分かりやすい授業をしてくれる。
 No.14 部活動が充実している。
 No.29 保健指導や事故防止のための安全指導をしっかり行ってくれる。
 No.10 学校生活が充実している。
 No. 6 授業規律を確立するための指導を適切に行っている。
 No.11 不審者対策に十分努めてくれている。
 No.30 給食を残さず食べている。
 No.23 人が困っている時は進んで助けたいと思う。
 No.13 和気中学校では,生徒が安心して学校生活を送ることができる。 
 No.12 生徒の問題行動(規則違反)に対して毅然とした態度で(厳しく)
 
    指導している。
 No.33 学校は,保護者や地域の方が生徒の活動を参観する機会を設ける      ことに積極的である。
 No. 7 
学校から与えられる課題等は,適切な量や内容である。
 No.25
  先生方は,生き方の指導及びキャリア教育を熱心に行っている。
 No.28 自分自身は,健康に気をつけて生活している。
 No.34 学校は,地域の環境や人材を積極的に活用している。
 No.32 各種だよりやホームページで,生徒の様子をしっかり紹介している。
 No. 5 先生方は,努力したことを認め,適切に評価してくれる。
 No.19 先生方は,生徒の考えをしっかり聞き,人権や人格を尊重してくれ     る。
H28 H27 H26


























 
96%

96%
94%

93%
92%
91%
91%
91%
91%
90%
90%
90%
90%
89%

88%

87%
87%
85%
85%
85%
85%
85%
 
ー %

ー %
ー %

ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %

ー %

ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
 
ー %

ー %
ー %

ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %

ー %

ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
ー %
 
   
④ 生 徒   肯定的な評価が少ない項目(肯定率:75%未満)
 No. 8 家庭学習を2時間以上行っている。
 No. 9
 家庭で学校の授業の予習や復習をしている。
 No.31 家庭で,携帯やスマホの使用について「家庭のルール」を決めて      いる。
 No.20 自分には良いところがあると思う。
 No.17 将来に対して夢や目標をもって生活している。
 No.35 地域の行事や清掃活動に積極的に参加している。
 
H28 H27 H26







 
32%
52%
69%

72%
73%
74%
 
ー %
ー %
ー %

ー %
ー %
ー %

 
ー %
ー %
ー %

ー %
ー %
ー %

 
 
 
3 総括
本年度は学校のビジョンとして次の(1)から(4)の目標を達成するよう取り組んでいます。
 (1) 自ら学び,自ら考え,主体的に判断し,行動し,よりよく問題を解決するとともに,自分の考えを発表することができる授業を展開する学校        ・・・確かな学力づくり
 (2) 互いの良さを認め合い,豊かな心と愛校心に満ちあふれた学校 ・・・豊かな心づくり
 (3) 自他の心身を大切にし,活力ある学校            ・・・健やかな体づくり
 (4) 地域に貢献する学校                ・・・地域に開かれた学校づくり
 
1 確かな学力づくり
本校では,次のような事項に重点をおいて,学力向上に取り組んでいます。
 ア 「岡山型学習指導のスタンダード(授業5<ファイブ>)」をベースにした「和気中授業づくりのための7か条」の実践を推進するとともに,授業規律の確立並びにユニバーサルデザイン化した授業づくりに努める。
   イ 自主的な公開授業を積極的に行い,授業力の向上を図る。
   ウ 外部人材及び「地域おこし協力隊」,並びに和気閑谷高等学校の生徒学習支援ボランティアの活用を推進する。
   エ 和気閑谷高等学校による出前授業の実施,小学校及び和気閑谷高等学校における公開授業への積極的参加による小・中・高連携のより一層の推進を図る。
   オ 基本的生活習慣の定着と家庭学習の確立を図る。
   カ 英語特区を受けて,学力向上につながる教育課程及びカリキュラムの編成を行う。 
 
その結果,「『授業の流れ』『めあて』『振り返り』をきちんと提示した授業の実施」については,各(生徒92%,生徒96%,生徒84%)と高い数値を示しています。ただ,本校が今年大切にしようとした「振り返り」については,95%を超える数値を期待していたので,一層の努力を要したいと考えます。
保護者からすると,「分かりやすい授業をしている」については,(保護者76%)であるので,授業参観時の授業内容や子どもが家庭内で話をする際に,「学校の授業は,おもしろいし,よく分かる」という会話がなされるようにしていく必要があると考えます。
「授業規律の確立の指導」(保護者82%:生徒91%)のように,生徒からは概ね良い評価を得ていますが,保護者の方々からの評価はやや低くなっています。継続してより一層「授業ファースト」の精神で学力向上に努めていきます。
「家庭学習を2時間以上しているか」(保護者22%:生徒32%),「家庭で授業の復習や予習をしているか」(保護者29%:生徒52%)については,岡山県全体の課題ともなっているが,本校においても深刻な課題であると考えています。本校オリジナル作成の「生活学習ノート」における「家庭学習欄」の有効活用をより一層推進していきます。
「生徒の努力を認めてくれ,学力を適切に評価」(保護者82%:生徒85%),「発表の機会を与えるなど生徒が活動できる授業」(保護者76%:生徒93%)と生徒・保護者ともに概ね良い評価を得ていいます。自分の考えを発表する力を高めることができる授業の展開や評価と指導の一体化を図った授業の展開を今後一層深化させていきたいと考えます。
さらに,家庭学習の習慣化については,「学校から与えられる課題等が適切な量や内容である」(保護者71%:生徒87%)については,生徒の評価は高いものの,保護者からはかなり低い評価であることから,課題の量と質のバランスや,授業や定期考査とリンクした家庭学習の課題・学習意欲の向上を図る課題等の設定に取り組みます。ご家庭でのご協力もよろしくお願いします。
本年度,本校では我々教職員の授業力向上を目指して,校内での研究授業や小中連携また中高連携を推進するよう取り組んできました。また,授業規律の確立にも尽力してきました。まだまだ,十分ではありませんが,直接授業を受けている生徒の評価が少しでも上がったということは,その成果が現れつつあるように感じています。今後とも学力向上に関する課題を真摯に受け止めるとともに,改善していく努力の継続に努めていきます。
  
 
2 豊かな心づくり
本校では,次のような事項に重点をおいて,豊かな心の育成に取り組んでいます。
   ア 人権教育の一層の推進を図る。
   イ 「和気中日本一のための3か条」の具現化のために,生徒会活動の充実を図る。
   ウ 道徳,学級活動,総合的な学習の時間を充実させ,感動体験(出番・役割・承認)の機会を増やす。
   エ ボランティア活動の充実を図る。
 
「充実した学校生活を送っている」(保護者91%:生徒91%)については,保護者,生徒ともに肯定的評価はまずまずであるが,全ての生徒が楽しく通学することができる学校づくりをしていくことが我々に課せられた使命であると考えると,さらなる努力が必要と考えます。
  「生徒の考えをよく聞き,人権や人格を尊重している」(保護者79%:生徒85%),「人としての生き方の指導及びキャリア教育を熱心に行ってくれる」(保護者76%:生徒87%)と保護者の肯定的評価がやや低いです。日々の教師との関わりで生徒の心情面は育ちつつあると思われますが,実践にまで至らないため,保護者の目に成果として受け入れていただけないように感じています。
学校では,道徳の時間や毎日の生活の中での朝読書・清掃給食活動・部活動等,また,人権週間には「人権標語」の募集や「人権劇」の上演など,あらゆる機会を通して道徳・人権教育を推進し,細かな指導を行っています。道徳教育については,「道徳の時間」をより充実させるとともに,全教育課程の中で取り組んでいくよう地道に継続していく覚悟でいます。昨年度から「道徳通信(心の旅)」を発行しています。これは,日常の生徒の言動から私たちが大切にしていきたいと思われる「心」を紹介させていただいています。お子さまが持って帰られた「道徳通信(心の旅)」をお読みいただけている結果であることを期待しています。今後とも継続して取り組んでいきたいと考えます。
  「いじめのない居心地のよい学校・学級づくり」(保護者75%:生徒84%)については,肯定的評価が生徒もやや低く,保護者評価となると極めて低いという結果になりました。今後とも,仲間づくりを重点においた取組の強化を図りたいと考えています。
  「『和気中 日本一のための 3か条』の達成を意識して生活している」(生徒75%)については,肯定的評価が生徒もやや低いという結果になりました。今後とも,「母校愛」の精神の育成に重点をおいた取組強化を図りたいと考えています。
  「学級活動,生徒会活動や学校行事を大切にし,創意工夫を凝らして熱心に取り組んでいる」(保護者95%:生徒94%),「部活動が充実している」(生徒91%)については,保護者,生徒ともに肯定的評価が共に高くなっています。このことが,「充実した学校生活を送っている」という肯定的評価の高さにつながっていると思います。来年度以降も生徒会活動をより充実させる取組を推進していきたいと思います。
「生徒の悩みや心配事に対して親身に相談にのってくれる」(保護者79%:生徒82%)は十分とは言えませんが,教育相談活動のより一層の充実を図るとともに,日常の言動にも十分注意をはらい,毎日の授業や生活の中での生徒との交流を推進します。また,スクールカウンセラーの活用の推進に勧めていきたいと考えています。
  「問題行動や規則違反に対して毅然とした態度で厳しく指導している」(保護者73%:生徒89%)は,保護者の肯定的評価が他項目と比較してかなり低くなっています。校外での生活や登下校における交通状況において,信頼を得ることができない言動もあります。そのため,規律指導の成果が地域生活で実践されることが大切であると考えます。この反省を踏まえて来年度の取組を進めていきたいと考えます。また,限られた時間の中で活動時間をできるだけ確保し,生徒と教員とが活動時間を共有するとともに安全面に配慮しながら活性化を図りたいと考えています。
  「先生方は,生徒の良いところを認めて指導にあたっている」(保護者86%:生徒81%)については,保護者,生徒ともに肯定的評価はまずまずであるが,「あなたは,自分には良いところがあると思う」(生徒72%)については,肯定的評価が低く,「自己存在感・自己有用感」にやや欠けているということが言えます。
  従って,「仲間づくり」の取組と「道徳教育」及び「人権教育」の取組をより一層大切にし,全生徒に対して,「自己存在感・自己有用感」をもたせ,「共感的人間関係」を育成し,「自己決定の場」を与えるというよう尽力します。そして,「楽しく学校に通っている」と回答する生徒及び保護者が増えることを目指します。
 
 
3 健やかな体づくり
本校では,次のような事項に重点をおいて,豊かな心の育成に取り組んでいます。
  ア 食育,保健教育,健康教育の推進を図る。
  イ 交通ルールの厳守と交通マナーの向上を推進する。
  ウ 防災教育の推進を図る。
  エ 「OKAYAMAスマホサミット2016」への参加を通じて,メディアとの正しい関わり方を考えさせる。
  オ 部活動のより一層の充実とともに,部活動を通しての心身の健全な育成を図る。
 
  「学校は,給食指導をしっかり実施している」(保護者79%)と肯定的評価がやや低いです。しかし,「給食を残さず食べている」(生徒90%)と意識している生徒は多くいるということが言えます。一方,「『早寝』『早起き』『朝ごはん』などの子どもの正しい生活習慣に気をつけている」(保護者88%:生徒79%),「健康に気をつけて生活している」(生徒85%)と生徒の肯定的評価がやや低いのが気になります。今後とも,栄養教諭の先生との連携を図りながら,保健体育【保健分野】や技術・家庭科(家庭分野)の教科及び学級指導等を通して,規則正しい生活習慣の必要性を認識させていきたいと思います。また,保健委員会が残量調査を実施しています。こうした取組が,生徒の意識改革と実践に結びつくようにしていきたいです。
「交通安全についてしっかり指導している」(保護者86%),「ヘルメットをきちんと着用し,交通ルールを守って,安全に心がけて登下校している」(生徒96%)と,保護者,生徒とも予想していたよりも良い評価でしたが,自宅付近でのノーヘルが一部の生徒に見受けられたり,顎ひもや安全タスキの正しい着用ができていない生徒がいたりもします。また,自転車での並進通行については,本校の交通マナー改善の喫緊の課題であると言えます。交通委員会を中心にした生徒会の尽力で改善を図っていくようにします。
  「家庭で,携帯やスマホの使用について『家庭のルール』を決めている(保護者71%:生徒69%)については,保護者,生徒ともに肯定的評価が低いです。「OKAYAMAスマホサミット2016」に参加して得た情報や取組を校内に広めることができなかったのがやや残念に思っています。しかし,この件については,家庭の協力なしには達成できないことです。全家庭において「メディアとの関わりについて家庭のルールを決めている」という回答を目指して指導を継続していきます。  
「部活動は充実している」(保護者86%:生徒91%)については,保護者.生徒ともに肯定的評価が良好です。肯定的評価ポイントが,もう5ポイントずつ高まることを目指して,今後も継続して一生懸命取り組みます。
 
 
 
4 開かれた学校づくり
本校では,次のような事項に重点をおいて,開かれた学校づくりに取り組んでいます。
  ア 教職員に必要な基本的な接遇を身につけるとともに,危機管理意識の高揚を図る。
  イ 飛翼大会や翔輝際,及び「和気町人権尊重のまちづくり推進大会」での人権劇の発表等を充実させる。
  ウ ホームページの頻繁な更新及び各種通信等により,積極的な情報発信を行う。
  エ 参観日及び学校公開日の充実を図る。
  オ 町及び各地域における諸行事に積極的に参加させる。
  カ 地域協働学校(学校支援地域本部事業orコミュニティースクール)の実施準備に取り組む。
 
  「教職員の電話の対応,接待マナー,言葉遣い,身だしなみが良好である」(保護者93%)については,保護者から高評価をいただくことができたことをありがたく思います。
「危機管理体制の共通理解を図るとともに,危機管理意識を十分もって業務にあたっている」(保護者91%),「不審者対策に十分努めている」(保護者91%:生徒91%),「保健指導や事故防止のための安全指導をしっかりしてくれる」生徒91%)と,保護者,生徒ともに肯定的評価はまずまずであるが,保護者及び生徒にとって,100%安全と言える学校づくりに今後とも努めます。 「学校は,保護者や地域の方々が生徒の活動を参観する機会を設けることに積極的である」(保護者93%:生徒88%)については,保護者,生徒ともに肯定的評価が高いです。飛翼大会(体育会)や翔輝祭(文化祭)といった学校行事や参観日における授業参観に対して,保護者や地域の方々が多数参観してくださることに大変感謝しています。参観日や学校公開日に関する内容についてより一層の充実を図っていきます。
  「各種便りやホームページで,生徒の様子をしっかり紹介している」(保護者92%:生徒85%)については,保護者の肯定的評価が高いということを喜んでいます。今年度,教師業務アシスタントとして勤務している丸山先生によるホームページの更新業務に助けられていると言えます。
  「学校は,地域の行事や清掃活動への積極的な参加を推進している」(保護者78%:生徒74%)については,保護者,生徒とも肯定的評価がやや低くなっています。教職員アンケートにおいても,「積極的に推進している」という回答は72%であったため,ボランティア活動の機会を紹介するなどして,参加しやすい環境整備を推進していくことも必要と考えます。
  「保護者や地域ボランティアの方々が学校を支援してくれることはいいことである」(保護者96%),「環境整備や学習支援など学校支援活動がさらに充実することを望む」(保護者95%)に見られるように,平成29年度より取り組む学校支援地域本部事業への期待は大きいものがあると考えます。現在のところ,すでにスタートさせている「読書支援活動」,「学習支援活動」をより一層充実させていきます。また,来年度は,「環境整備支援活動」と「安全見守り支援活動」への取組を開始する予定でいます。
今後も地域の方々の協力も得ながらより良い学校づくりに努力する所存です。
 
 
 
3 おわりに
  本年度の生徒や保護者の皆様からの貴重なご意見を真摯に受け止め,本校教育の中にある課題や解決すべき問題として捉え,今後の教育活動の中で,改善するべく取り組みます。生徒や保護者の皆様のご期待に応えられるよう,授業の改善や道徳,総合的な学習の時間,特別活動等のより一層の充実を図り,生徒一人一人の学力向上と楽しい学校生活のために最善を尽くしていきたいと思います。
今後ともご理解ご支援のほどよろしくお願いします。
 
 
 

【生 徒】 pdf button 学校評価アンケート用紙アンケート集計結果

【保護者 】pdf button 学校評価アンケート用紙アンケート集計結果